進路

学校概要

| 校章のいわれ | 校長挨拶 | 沿 革 | 教育方針 | 単位制の特色 |

| 校 歌 | 生徒数 | 烏城高等学校いじめ防止基本方針 |



  校章のいわれ
  校章には烏城の名に因みカラスが図案化されています。三本足のカラスの神話は日本にも中国にもあります。
中国の伝説では三本足の烏は太陽に住む鳥だと伝えられています。また、日本の神話では神武天皇東征の時、
熊野から大和へ入る険路の先導をした「八咫烏」(やたがらす)が三本足のカラスであったと言われています。
昔からカラスは大変頭の良い生き物として、人間と深い関わりを持った鳥でした。
烏城高校の校章は、太陽に住む三足烏がまさに飛び立とうとする姿を図案化したものです。
↑ページトップへ戻る     


福本和宏校長
福本 和宏
 
 岡山県立烏城高等学校長の福本です。
 本校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 本校は昭和17年(1942年)に岡山県立岡山夜間中学として創立して以来74年となる歴史と伝統を有する定時制高校です。現在は夜間部と昼間部を設置しており、自分の興味や関心に応じて多様な選択科目が履修できる単位制の高校です。3年間で卒業することもできます。
 校舎は平成9年(1997年)に、現在の校地(岡山市北区伊島町)に移転し、今年度で20年目を迎えます。すばらしい教育環境と一人ひとりを大切にし、熱意を持って指導する教職員、そして、将来の可能性を秘めた意欲的な生徒がそれぞれのスタイルで学校生活を送っています。

  本校に学ぶ生徒は新規中学校卒業者だけではなく、不登校経験者や転・編入学生、また社会人等で「学び直し」を望む人にも門戸を開放しています。本校での3年間ないしは4年間で、基礎学力とともに豊かな人間性や社会性を培い、入学時より大きく成長して卒業していきます。
 また、部活動も盛んで、短い時間を工夫して多くの生徒が体育部や文化部の活動を行っています。定通全国体育大会には毎年多くの部が出場し、優秀な成績を残しています。平成27年度も8つの部が全国大会に出場しています。さらに生徒会活動やボランティア活動などに熱心に取り組む生徒もいます。
 このように、本校は定時制高校として、多様な生徒の学びを保障し、社会的自立に向けた力が獲得できるよう教職員一丸となって支援し、地域に愛され、信頼される学校づくりを目指しています。

 本校の生徒たちは、烏城高校を「強くなれるところ」「優しくなれるところ」「生きる力をつかむところ」と形容してくれています。
 本校で学ぶ意欲のある皆さんには是非とも本校で夢の実現に向けて一歩を踏み出して欲しいと思います。


                                                  
平成29年4月
 
↑ページトップへ戻る     


沿  革
 昭和17年3月31日  明治十四年文科省達第四号により、岡山県第一岡山中学校構内に
 「岡山県立岡山夜間中学」設立認可

 (夜間課程、修業年限4年,定員200名)
 昭和17年4月27日  第1回岡山夜間中学入学式(兼開校式)
 以後、この日を創立記念日とする
 昭和18年4月1日  中等学校令により、「岡山県烏城中学校」と改称
 昭和20年6月29日  戦災により校舎焼失(授業再開10月1日)
 昭和21年3月25日  第1回烏城中学校卒業式
 昭和21年11月20日  焼跡に校舎完成、勉学の地が岡山城内にもどる
 昭和23年4月1日  学制改革により、「岡山県立烏城高等学校」発足
 (夜間課程、修業年限4年、定員160名、男女共学)
 昭和24年3月31日  第1回岡山県立烏城高等学校卒業式(卒業生45名)
 昭和28年8月5日  県立岡山朝日高等学校内山下校舎廃止に伴い,同校国富校舎に移転
 昭和32年2月11日  第4回全国高等学校定時制生徒生活体験発表大会で文部大臣賞ほか3賞受賞
 昭和36年5月21日  「岡山県立烏城高等学校後援会」発足
 昭和36年11月20日  給食室竣工、完全給食開始
 昭和39年3月31日  運動場照明設備・教員室増築工事完成
 昭和44年4月1日  専任校長着任
 昭和44年7月1日  専用校舎となる
 昭和60年3月    転・編入生徒の積極的受け入れ開始
 昭和61年4月16日  岡山市内公立夜間定時制3校で、連携授業開始
 昭和62年3月16日  昭和60・61年度文部省研究指定校として研究報告
 昭和62年11月2日  岡山県教育委員会から教育特別功労により学校表彰される
 平成元年7月11日  「福武哲彦教育賞」受賞
 平成3年3月25日  編入考査で成人特別選抜実施
 平成4年2月7日  「定時制課程の特別な入学者選抜」(成人特別選抜)実施
 平成5年8月  高体連定通制全国大会へ全種目出場
 平成8年3月  「一般入学者選抜」を第T期・第U期の分割募集とする
 平成8年4月1日  単位制、3修制導入
 平成9年1月1日  県立短期大学跡地に県生涯学習センターとの一体的整備により新築移転
 平成10年3月1日  4年修了74名と初めての3年修了14名の計88名が卒業
 平成10年4月1日  前期・後期の二学期制を導入
 平成14年4月9日  昼間部開設 80名が入学
 平成14年11月10日  創立60周年記念式典挙行、新校歌制定
 平成15年1月17日  高知県立高知北高校と姉妹校縁組を締結
 平成17年2月8日  「自己推薦による入学者選抜」を導入・実施
 平成17年3月2日  夜間部生34名と初めての昼間部生56名が卒業
 平成17年4月1日  「岡山県立烏城高等学校PTA」発足
 平成23年3月16日  烏城高等学校専用駐輪場新設及び防球ネット増設
 平成24年4月  募集定員昼間部100名
 平成24年11月19日  創立70周年記念式典挙行
 平成26年2月  「特別入学者選抜」・「成人のための定時制課程入学者選抜」実施
↑ページトップへ戻る     


教育方針

本校のミッション 】
   多様な特性のある生徒を受け入れ、学習機会を保障するとともに集団性を向上させ、
   社会的自立に向けた力(生きる力)を獲得させる。
【 ミッションの追及を通じて実現しようとする本校の学校経営ビジョン 】
   ・ 基礎学力の定着・向上を実現できる学校
   ・ 基本的生活習慣と規範意識の育成をめざす学校
   ・ 具体的な将来の目標設定を支援する学校
   ・ 教職員が組織的に課題解決に向けて動く学校
今年度の具体的な学校経営目標・計画
  ○テーマ:「マナー指導と居場所(出番)づくり」
   1 授業への積極的参加と学力の向上
   2 集団性の向上
   3 キャリア教育の推進
   4 地域・外部機関との連携
   5 教育相談活動の充実

平成28年度 学校評価書
↑ページトップへ戻る     


単位制による定時制課程の高等学校
 1 選べる授業とわかりやすい授業
  ・ 決められた科目(全員が学習する科目)以外は進路・興味・関心に応じて科目を選び、目標を持って学習
    できます。
  ・ 自由選択科目には、普通科目のほかに商業系の科目もあり、各自の目的に応じて中心となる学習内容
    をきめることができます。
  ・ 国語・数学・英語を中心に、教科書コ−スと基礎コ−スとに分けてあり、学力や進度に適したコ−スを選
    べるので授業がよくわかります。
 2 卒業するために…
  ・ 昼間部は1〜4校時、夜間部は7〜10校時の授業時間帯を中心に履修科目の選択をします。
  ・ 定められた日数(時数)以上、授業や学校行事での学習活動が認められるように毎日の出席を大切にし
    てください。
  ・ 履修した科目の単位認定を受け、在学中に74単位以上取ると卒業できます。
  ・ 昼・夜間部共通の5・6校時の授業を選択し、3年間で卒業することもできます。
  ・ 過去に他の高校で取った単位も生かすことができる転入学・編入学の制度もあります。
 3 授業時間
  ・ 昼間部は10:15〜14:40、夜間部は17:30〜21:05が基本の学習時間になり、この時間帯は必ず
    授業を受けなければいけません。
  ・ 3年間での卒業やより深い学習を希望する場合は15:00〜(昼・夜間部共通)の授業を受けることがで
    きます。
  ・ 授業時間帯が遅くなる夜間部では、完全給食を実施しています。
↑ページトップへ戻る     

校 歌 紹 介
下のPlayボタンで校歌をお聴きいただけます
 
↑ページトップへ戻る     


在籍生徒数

区分  昼間部 夜間部 合計  
1 年 48 62 110 20 21 41 68 83 151
2 年 36 55 91 14 16 30 50 71 121
3年以上 30 51 81 22 14 36 52 65 117
114 168 282 56 51 107 170 219 389
                                                      
平成29年5月1日現在
↑ページトップへ戻る